活動歴

1980年1月14日に第1回の例会を開催後、現在までに全170回の例会を開催しました。(2017.02.04現在)
 講演会/病院見学会       137回
 看護業務を支援する情報システム 28回
【例会(「看護業務を支援する情報システム」を除く)】過去10回

テーマ 発表者 開催日
171 愛知県がんセンター中央病院 見学 2016年11月11日

2016年11月12日

18施設
22名
入院患者向けベッドサイドシステムの利活用による
患者参加型医療について
 愛知県がんセンター中央病院
副院長  岩田 広治氏
最近の脅威動向と医療分野におけるセキュリティ対策について  トレンドマイクロ株式会社
           松山 征嗣氏
富士通の臨床研究・治験領域への取り組み  富士通株式会社
           茅原 太一氏
170 社会医療法人愛仁会尼崎だいもつ病院見学 2016年9月15日
20施設
29名
ご講演 社会医療法人愛仁会
尼崎だいもつ病院
           渡邊 謙太氏 
病院見学・Lifemark-HX実機デモ
169 病院業務におけるロボット活用事例  2016年5月26日
25施設
41名
病院におけるロボット利用について  パナソニック株式会社
           岡本 球夫氏
医事課医療サービス係 「関医くん」(Pepper)のご紹介  関西医科大学附属病院
           細川 未季氏
「ユビキタスウェア」で実現する「社会と現場の変革」
〜人や物の状態・周囲の環境をセンシング、
    解析・分析することで、IoT時代を実現〜
 富士通株式会社
           藤野 克尚氏
168 国立病院機構熊本医療センター 見学 2016年2月26日

2016年2月27日
13施設
19名
医療制度の変化に対する電子化クリティカルパスの
有用性と意義について
 国立病院機構熊本医療センター
副病院長  片渕 茂氏
最新電子カルテシステム HOPE LifeMark-HXの紹介  富士通株式会社    藤井 圭介氏
           村上 香奈氏
166 市立ひらかた病院 見学 2015年10月22日
18施設
29名
市立ひらかた病院の御紹介 市立ひらかた病院
事務局 医事課
課長代理    山口 武志氏
病院見学
165 医療ビッグデータの利活用 2015年 5月20日
30施設 37名
医療ビッグデータの利活用と個人情報保護
東京大学大学院医学系研究科医療経営政策学講座
特任准教授    山本 隆一氏
データ利活用による診療業務の効率化に向けて 富士通株式会社
早川 龍雄氏
164 福井大学医学部附属病院 見学 2015年2月27日

2015年2月28日
16施設 24名
福井大学における仮想化・クラウド化活用と
ユビキタス環境の活用について
福井大学医学部附属病院医療情報部
副部長・准教授 山下 芳範
大規模病院における仮想化技術基盤の適用について
富士通株式会社
繁桝 友一 氏
162 富士通エフ・アイ・ピー 大阪千里データセンター 見学 2014年 9月19日
16施設 25名
クラウド型電子カルテ/医事会計サービス 「HOPE Cloud Chart」ご紹介
富士通株式会社
FUJITSUヘルスケアソリューション 部門クラウドサービス対応について 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
161 DWHの活用 2014年 5月22日
31施設 62名
データウェアハウスを用いた原価分析について
株式会社医用工学研究所
東京営業所長    木寅 信秀氏
病院システム統合DWHとBIツールの活用 富士通株式会社
林 裕一氏
159 市立三次中央病院  見学 2013年11月29日

2013年11月30日
17施設 25名
タブレット端末を利用した院外からの電子カルテ参照 他
市立三次中央病院
高齢者の暮らしを支えるICTと人的サービス 富士通株式会社
武智 峰樹氏
【例会(「看護業務を支援する情報システム」)】過去4回

テーマ 発表者 開催日
170  「看護業務を支援する情報システム(パート30)」 看護情報の進むべき道筋へのヒント  2017年2月4日
121施設
230名   
T.特別講演1 
臨床看護の過去、現在、未来と保健医療政策
 〜看護情報の進むべき道筋へのヒント〜
 参議院議員 看護師・保健師
        石田 まさひろ氏
研究会30回の歩み
 〜故きを温め、新しきを知る〜
 国立国際医療研究センター
医療情報管理部門長 美代 賢吾氏
第二部 トピックス 
1.厚生労働省標準規格
 看護実践用語標準マスターと標準化の取り組み
 (財)医療情報システム開発センター 
医療情報安全管理推進部 部長補佐
       岡峯 栄子氏
2.チームで行う退院支援に活用している情報システム  神戸市立医療センター中央市民病院
地域医療推進課師長 米谷 久美子氏
3.患者入力型タブレット端末による
ベッドサイドシステムの看護業務効率化と今後の展望
 愛知県がんセンター中央病院
看護師長   濱口 由美子氏
V.電子カルテデータの二次利用
臨床知のデータベースの意味するところ
〜データの二次利用に魅せられて〜
 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
医療システム情報学 准教授
宇都 由美子氏
1.医療・看護データの活用
 DiNQLを活用した質改善活動の取り組み
 社会福祉法人恩賜財団
済生会熊本病院 副看護部長 
       村本 多江子氏
2.「何時の記録を何時に入力しているか」に着目した
 看護記録の可視化と改善活動
 〜Recording time Chartの試み〜 
 県立広島病院 医療情報室
副看護師長   村上 久氏
3.DiNQL事業のデータ提出への対応
 〜DiNQL指標自動集計システムの開発を通して〜
 富士通株式会社
      藤原 淳氏
167 「看護業務を支援する情報システム(パート29)」
 看護業務と看護の質を測る 〜看護必要度とDiNQL徹底討論〜 
2016年2月6日
145施設
356名
第一部 トピックス「今年の話題3選」
医療と番号制度  東京大学大学院医学系研究科
医療経営政策学講座特任准教授
               山本 隆一氏
看護情報の入力支援
〜デバイスのあり方と地域支援への展開〜
 京都第二赤十字病院
副部長医療情報室長 田中 聖人氏
情報流出を防げ!
話題の事例から学ぶサイバー攻撃からの身の守り方
 国立国際医療研究センター
医療情報管理部門長 美代 賢吾氏
第二部 システムによって同じ?違うの?この機能 第四弾 看護必要度 
大阪警察病院(CIS)  大阪警察病院 総合情報システム担当
看護師長  小野 律子氏
神戸市立医療センター西市民病院
(MegaOakHR)
 神戸市立医療センター西市民病院
看護部主任       左山 朋美氏
大阪市立大学医学部附属病院
(HOPE EGMAIN−GX)
 大阪市立大学医学部附属病院
看護部副部長      丹後 幾子氏
看護の質の向上に活かす看護必要度  京都大学医学部附属病院
看護部長   秋山 智弥氏
第V部 DiNQLを活用してますか?活用しませんか? 
DiNQLで看護を変えよう!データマネジメントのススメ  公益社団法人日本看護協会
看護情報課長   岩澤 由子氏
データ収集のコツと、マネジメントに生かすDiNQLデータ  市立岸和田市民病院
副看護局長       林 真樹氏
電子カルテで看護の指標が見えるの?  神戸市立医療センター中央市民病院
情報企画課主幹     中西 寛子氏
DiNQL対応に向けての取り組み  株式会社富士通システムズ・ウエスト
   才津 久永氏
28 「看護業務を支援する情報システム」
〜看護と情報システムの未来に向けたシナリオ 現状と制度と次世代技術〜

2015年2月7日
90施設 206名
「看護必要度の運用とデータの活用」 京都大学医学部附属病院
看護部長 秋山 智弥 氏
「看護情報倫理の真実」
天理医療大学
看護学科教授 中木 高夫 氏
「病院におけるウエアラブルデバイスの実質運用」
京都第二赤十字病院
副部長医療情報室長 田中 聖人 氏
第二部 システムによって同じ?違うの?この機能 第三弾
〜看護過程〜

「MegaOakHRの看護過程の画面」 神戸市民病院機構情報企画課
中西 寛子 氏
「日本IBM社/CIS」
大阪警察病院
総合情報システム担当看護師長
小野 律子 氏
「富士通電子カルテ【EGMAIN−GX】における看護過程の展開」

甲南会加古川病院
看護部病棟師長 生田 ゆかり 氏
第三部 mHealth 期待と幻想のはざまで

「病棟におけるスマートフォンの活用」
兵庫医科大学情報センター
平松 治彦 氏
下村 修 氏
「スマートデバイスの活用
スマホとナースコールの連携や活用方法について」
福井大学医学部附属病院医療情報部
副部長・准教授 山下 芳範 氏
「電子カルテシステムとモバイル医療機器の連携について」
株式会社富士通システムズ・ウェスト
竹内 善郎 氏
「カスタマイズせずに柔軟な対応可能な看護
パッケージ」
富士通看護ソリューション開発部門
山下  祐  氏
27 「看護業務を支援する情報システム」
〜拡がるシステム、つながる情報:看護の現場から〜

2014年2月1日
73施設 211名
「スマートフィンの病棟利用について」 兵庫医科大学情報センター
副センター長 平松 治彦
粂川 雅子
「重症系システムとHISの連携」
株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
槌田 伸一 氏
「東北メディカル・メガバンクの取り組み、災害時医療
地域医療、南海トラフ地震への備え
富士通株式会社
眞野 泰一 氏
第二部 システムによって同じ?違うの?この機能 第二弾
〜注射/処方/処置/服薬 の指示確認、指示受け、実施〜

「CIS(Clinical Information Systems)」 田附興風会医学研究所北野病院
看護部・医療情報部 三原 由記子 氏
「MegaOakHRの指示の画面について」
神戸市民病院機構情報企画課
中西 寛子 氏
「富士通電子カルテ【EGMAIN−GX】における指示受けの方法」
済生会吹田病院看護部
内城 順子 氏
第三部 過去から未来へ、情報をいかにつなげるか、リプレースにおける課題と対応

「同一ベンダーのパッケージからパッケージへのリプレース」
京都府立医科大学附属北部医療センター
副看護部長  室田 邦子 氏
「スマートデバイスの活用
スマホとナースコールの連携や活用方法について」
福井大学医学部附属病院医療情報部
副部長・准教授 山下 芳範 氏
「EGMAIN−EX(カスタム型)からEGMAIN−GX(ノンカスタム型)への更新」
済生会吹田病院医療情報課
佐田 典久 氏
「ベンダー変更をともなったリプレース」
岡崎市民病院
中元 雅江  氏